HOME > ムロオの取組み

ムロオの取組み

新しい保冷剤のご案内

昨今チルド食品や冷凍食品の鮮度管理の徹底が叫ばれています。
お客様においては、ボックス内に多くのドライアイスを投入されている場合もあると思われます。
ドライアイスは低温輸送には有効ではございますが、高コストであり、
また昨今の環境問題でもとりあげられるCO2を多く排出します。

そこで、ドライアイスではなく再利用可能な保冷剤のご提案をいたします。

オリジナル保冷箱で保冷剤を減らしてコストダウンを実現化
1.保冷剤について
当社で取り扱いのある保冷剤※1は、-18℃タイプ(実温度-15℃)と-25℃タイプ(実温度-18℃)があります。 -18℃タイプの保冷剤であれば-18℃の庫内で、-25℃タイプは-25℃の庫内でおよそ48時間で凍結します。※2 また、繰り返し使用可能ですので低ランニングコストでの運用を行うことができます。
2.検証1
現在発泡スチロールで冷凍食品の輸配送を行っているお客様において、そのまま箱を有効活用したい場合でも、ドライアイスを当社の保冷剤に置き換えるだけで、10時間以上低温度を保つことが可能です。※3
-18度タイプと-25度タイプの比較
3.検証2
さらに長時間の低温配送が必要なお客様には、高断熱の保冷ボックスをご提案いたします。 保冷剤と高断熱保冷ボックスを併用することにより10時間以上の保冷が可能となります。※2
高断熱保冷ボックスの提案
メカクール
※1…当社はトッパン・フォームズ株式会社 社製、”Mechacool”の保冷剤をお取扱い致します。
※2…冷凍庫のドアの開閉回数などにより凍結までの時間に差が生じます。
※3…箱の開閉回数や、外気温などにより時間の変動があります。
冷凍食品に限らず、チルド帯食品の配送に対応した保冷剤もご用意できます。別途ご相談下さい。

ムロオの取組み